もはや高級ホテル?贅沢キャンプ「グランピング」が人気 Part 1


最近、世界中で流行っているという「グランピング」。手ぶらで大自然に出かけてテントやコテージに泊まったり、高級ホテル並みの食事を楽しめたりする“贅沢キャンプ”のことだ。日本でも専用施設が増えており、いよいよ本格的なブームを迎えそうな予感。

そもそもグランピングとは、「glamorous(魅惑的な)」と「camping(キャンプ)」を掛け合わせた造語。明確な定義がないためサービス内容はバラバラだが、おおむね大自然の中でハイグレードなテントやコテージに泊まれるのが特徴だ。

料理も用意してくれるので手ぶらでOK。料金は1人あたり2~3万円が相場。通常のキャンプは1万円以下で利用できる施設も多いが、テントや調理器具など快適に過ごすためのアイテムをそろえるとなると思いのほか費用がかさむ。

さらにトイレや風呂に困ったり、BBQで肉が焦げて食糧難に陥ったりするようなトラブルもつきものだ。そんなアウトドア初心者にありがちなストレスとは無縁な点がグランピングの魅力。そう考えれば料金も決して高くないといえる。

では実際、どんな体験ができるのか? 具体的なケースは、グランピング文化が進んでいる海外を見ると分かりやすい。

例えば、アメリカの広大な砂漠に張られたテントに宿泊できる「Moab Under Canvas(モアブ・アンダー・キャンバス)」。インディアンが住んでいそうな原風景をダイレクトに感じながらも、豪華ベットやバスルーム付きのテントでのんびりできてしまうのである。ジャングルの中で自家製のオーガニック料理を味わえる、オーストラリアの「Nightfall Wilderness Camp(ナイトフォール・ウィルダネス・キャンプ)」も有名だ。イギリスを中心に欧州でも大ブームに。「ジャグジー付きコテージ」「専属シェフがBBQを提供」など、特別感あふれるサービスが展開されている。

では日本ではどんな取り組みがされているのか?続きはまた次回!

369718_615 369719_615

参照「ウォーカープラスより」

http://news.walkerplus.com/article/66146/

【セミナー開催】

海外のホテルにて、英語力とホスピタリティを身につけませんか?

ご興味のある方は、まずセミナー予約を!

【日程】 5月27日(金)

★セミナー予約はこちら(恵比寿徒歩5分)
http://www.iccworld.co.jp/seminar/tokyo/internships/hotel/standard.shtml

弊社プログラムの詳細はこちら

http://www.aspire-internships.jp/

カウンセリング予約☆

https://ssl.iccworld.jp/mainsite/counseling/

Face bookもやっています☆

https://www.facebook.com/AspireProgram/?fref=ts

それでは、皆様のご参加を心よりお待ちしております!

This entry was posted in NEWS, ホテル情報. Bookmark the permalink.

Comments are closed.