マリオットがスターウッドを買収。世界最大のホテル企業に


米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルは16日、同業の米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドを約122億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表しました。

買収後はホテル数5500、客室数約110万室となり、世界最大のホテルチェーンが誕生します。

マリオットは85か国で高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」から低価格帯の「フェアフィールド・イン・アンド・スイーツ」まで4300のホテルを運営するホテル企業。スターウッドは「ウェスティン」「シェラトン」など、高級ブランド中心に1270のホテルを約100か国に展開しています。

マリオットは今回の買収で、同規模とされるヒルトン・ワールドワイドとインターコンチネンタル・ホテルズ・グループを突き放す狙いがあるとの事。チェーン網を拡充し、優待会員へのサービスを強化するほか、経費の削減など経営の効率化を図っていくそうです。

「読売新聞より」

20151118005114213

This entry was posted in NEWS. Bookmark the permalink.

Comments are closed.