マンダリンオリエンタル、新ホテル展開計画?


皆さん、こんにちは。Mr アスパイア=高橋です。先日の台風の被害、大変ですね。東も西も天災列島ですね・・・。

マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは、アウトバウンド/インバウンドともに需要が堅調に回復していること発表しました。震災の影響は、多少はあったものの予想よりはるかに良く、円高も奏功しこの1、2ヶ月は前年を上回っている状況で、完全な回復にはもうしばらく時間がかかるとの見方を示しつつ、見通しは明るいとの事です。

現在、マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは世界中に27軒のホテルを運営してますが、まだまだ新ホテルの開業に向けた準備を進めているところです。現時点では、パリやミラノ、モスクワ、アブダビ、ドーハ、北京、上海、広州、台北で計画が進められており、気になる日本での2軒目については確定した計画はなく、実現するとしても「まだまだ先」であるものの、需要の高さやアクセスの利便性といった判断基準からすると「京都は我々に適した都市だと思う」と考えているそうです。

インターンシップには、ワーキングホリデー、語学留学とは違った「実務経験を積める」というメリットがあります。マンダリンオリエンタルのような外資系高級ホテルへの転職、キャリアアップには最適の方法です!

マンダリンオリエンタル東京の外観

アスパイアプログラムの詳細はこちら

プログラムのお問い合わせはICCオフィスまで

This entry was posted in ホテル業界の傾向. Bookmark the permalink.

Comments are closed.