パリ高級ホテルの競争が激化!


皆さん、こんにちは。Mr Aspire=高橋です。今日は天気が良く気持ちいい一日でしたね〜。

クリヨン、プラザ・アテネ、それにル・ブリストルといった世界で最もしゃれたホテルが集まるパリで、数十年来最大の高級ホテル参入ラッシュが起きており、高級ホテルの基準がさらに上がっているそうです。パリではここ数年で高級ホテルが続々とオープンする予定で、ラッフルズ・ホテル・アンド・リゾーツ傘下のロイヤル・モンソーとシャングリ・ラはともに昨年末に オープンしました。マンダリン・オリエンタルは今年6月にオープンを控えており、ザ・ペニンシュラも2年後にオープンする予定だです。それだけではありません。高級ブラ ンドのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンもセーヌ川沿いにあった百貨店サマリテーヌの跡地に高級ホテルを建設する計画があります。

世界で最も観光客の多い都市パリへの新ホテルの参入を受け、各ホテルは差別化を図ろうと、ミシュランの星を獲得したレストランシェフ、新たなスパ向けの化粧品ブランド、かつてないほど豪華なスイートルームを用意するのに必死、特にパリの老舗ホテルはこぞって改装に着手しています。コンコルド広場の一角にあるクリヨンの周りには改装用の足場が築かれていおり、ル・ブリストルは07年に半年間休業し、6000万ユーロをかけて改装を行ったのに続き、最近さらに拡張を行いました。

まさにホテル戦争勃発ですね!世界的なホテルチェーンのグローバル展開は終わりがなく、まさに熾烈を極めています。

This entry was posted in ホテル業界の傾向. Bookmark the permalink.

Comments are closed.