ウィンザーホテル洞爺リゾートが上海事務所開設!


皆さんの海外ホテル就職を応援するMr.アスパイア=高橋です。

2008年の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の会場となった高級ホテル「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート・アンド・スパ」は、中国人富裕層の宿泊客獲得を目指し、初の海外拠点となる上海事務所を開設したそうです。

事務所開設の理由は「上海の富裕層の金銭感覚は欧米的で、高級リゾート 需要は確実に高まる」との事です。現在ホテルの中国本土からの客は、宿泊客全体の約3%との事ですが、5年後には30%程度にまで急拡大するとの見通しを 示しています。日本のホテルが単体で上海に事務所を設立するのは初めてとなります。

すでに日本のホテルマンにも英語力と国際経験は必須となりつつあります。アスパイアプログラムでは世界での活躍を目指す志の高い日本のホテルマンを応援しています。アスパイアプログラムに参加され、世界へ羽ばたくホテリエを目指してみませんか?

こちらのコラムはTwitterとFacebookでもチェックすることができます。

アスパイアホテル有給インターンシップの詳細はこちらから

オフィスでカウンセリング(無料)をご希望の方はこちらから

メールで相談(無料)をご希望の方はこちらから

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ の外観

This entry was posted in ホテル業界の傾向. Bookmark the permalink.

Comments are closed.